ホーム > オススメ > ズッキーニ、サイズ別オススメの食べ方★

イベント情報

類農園直売所 Facebook

オススメ

ズッキーニ、サイズ別オススメの食べ方★

2015年6月17日

ズッキーニ、サイズ別オススメの食べ方★

ここから本文です。

お店に続々とズッキーニが出揃ってきています!


きゅうりに似ている、ズッキーニ。実は「かぼちゃ」の仲間なんです!

「ペポカボチャ」というかぼちゃ完熟するのを待たずに、若いうちに収穫したものをズッキーニといいます。

だから、こんな風に地を這うように、生えてくるんですよ♪


ズッキーニは、サイズによって食感おいしさが変わるので、その特徴を活かしてお料理すると、さらにおいしく召し上がれます☆


<サイズ別オススメの食べ方>


【小さい~20cmくらいまでのもの】

油で炒めるor揚げるのがオススメ。

皮が柔らかいので食感が残る程度に油を通すのがベスト!とくに小さいものは素揚げすると、食感を楽しめます♪

小さいものほどエグミが無くて生食でいけます。軽く塩もみしてサラダにどうぞ。


【20cm以上の大きなもの】

煮込み物に向きます。熟した実の部分はやわらかくしんなりして馴染みます。

一般的にはトマトに込みのような、ソースの味がしっかりしているものとよく合います☆


<直売所の農家さんはズッキーニづくりの大ベテラン!>

奈良県宇陀市の農家さんを代表に、直売所にズッキーニを出してる方は、ズッキーニ作りのベテランの方々が多いです。

均一でまっすぐなズッキーニを作るのは、実は難しいんです!


ちょっと専門的な話になりますが、品質のよいズッキーニを作るには、「受粉」がポイントになります。

上手に受粉が行われないと「お尻が太った」ズッキーニに・・・。

なので、一つ一つ手作業で受粉作業を行っています。

さらに重要なのが「受粉時間」。

ズッキーニの実は根元付近から上に向かって伸びています。花も上を向いているため、雨や夜露がたまりやすい性質になっています。露がたまると当然受粉しにくくなります。

そこで、晴れた日の次の朝、4時~6時の間に受粉作業をしているんです!


またズッキーニは、かぼちゃ特有の病気にかかりやすいという性質もあります。

特に梅雨は病気が蔓延しやすい時期で一夜で全滅ということも(><)

そのため、近くにはかぼちゃを植えない、余計な葉っぱをできるだけ取って風通しを良くする、などの対策も丁寧にされています。


これだけ手間暇がかかっているんですね!


そんなズッキーニ、いろいろな食べ方でぜひお試しください♪


オススメ一覧へ